ナイアシンとはビタミンCと同じく、水溶性のビタミンの一種。基本的にはビタミンC誘導体と同じような効果が期待でき、かつ肌への刺激が少ないことから、敏感肌用のアンチエイジング成分として非常に注目されています。

ナイアシンの効果

ナイアシンはビタミンB3に当たり、肌のコラーゲン生成に働きかけます。コラーゲンは肌のハリ・弾力を整える三大美容成分の一つ。そのまま摂取するより、間接的に働きかけるナイアシンやビタミンC誘導体による摂取が効果をより感じることができます。

更に肌機能を活性化させ、シミや黒ずみに対しても効果的。ビタミンA・レチノールなどより低刺激であるため、敏感肌用アンチエイジング化粧品に使われます。

危険性・副作用

副作用の可能性が極めて少ないことがこの成分の優れた点です。コラーゲン生成に効果がある成分の中では、効き目の力はビタミンC誘導体やレチノールに劣りますが、効果が証明されている成分です。

どんな化粧品に含まれているの?

ビタミンは水溶性であるため、化粧水に含まれることが多く、乳液やクリームには含まれません。水溶性美容成分を多く含んだ美容液にも含まれていますが、こちらは保湿力が劣るため、別に保湿美容液も準備しなくてはなりません。

経済的にナイアシンをうまく摂取するには、ナイアシン配合の「化粧水」を選び、保湿成分を豊富に含んだ「保湿美容液」で潤い補給しましょう。