クレンジングは、ファンデーションや日焼け止めなど、通常の洗顔フォームでは落としにくい油分系化粧品を洗い落とす目的で使われます。この油分を洗い落とすには必ず界面活性剤が使用され、洗浄力が強いものほど界面活性剤も強力になります。界面活性剤がなぜ危険なのかについては以前も解説いたしましたが、界面活性剤はセラミドなどを主成分とした肌の保湿膜を破壊する力があるため、使えば使うほど肌の乾燥を招いてしまうのです。

専門家や皮膚科医の話ですと、洗い落とせなくても水もしくは固形石鹸までに止めることが最も肌にとって優しいそうです。化粧品の油分が残るリスクより、界面活性剤による肌への害の方が大きいという判断が共通の見解のようです。

クレンジングが肌を壊す仕組み

kuren

肌は私たちが思っているほど強くなく、コットンやタオルで肌をこするだけでミクロ単位の傷が付き、それがだんだんと大きくなっていきます。肌は「こする」ということにめっぽう弱く、少しの摩擦で肌表面の保湿膜が壊れてしまうのです。洗顔でこすり、タオルでこすり、化粧水を含ませたコットンでこすり、クリームをこすりつける。「人間の肌はそんなにヤワじゃないよ」と言われる方も多いのですが、1日に何度と肌を擦っているか客観的に判断してください。その多さにびっくりします。

そしてその極め付けがクレンジングになり、これは「こする専用の洗剤」ですからダメージは最も大きくなります。

肌の乾燥を防ぐ保湿膜はセラミドを主成分に構成しており、界面活性剤にとても弱いのです。そして一度壊されると回復までに3~4日ほどかかると言われており、毎日クレンジングを行っていれば、それに追いつくことがなくいつまでも肌は乾燥したままとなり、化粧品に依存する肌になってしまうのです。

クレンジングはしなくていいのか?

クレンジングに限らず、化粧水・美容液・乳液・クリーム、肌に塗るもの全てが不要となります。クレンジングは、肌を守りながら油分汚れを落とすという器用なことはできません。界面活性剤は野菜や果物を作るときに使用される農薬と同じようなものなので、存在そのものが化粧品の作り手側の都合で誕生しているため、「肌に良い」ということは決してありません。これを受けてオーガニックコスメホホバオイル・馬油・椿油など、安全・安心を謳った化粧品も数多く登場してきていますよね。まるで「今までのものは危険!!」と言わんばかりに。しかしオーガニックでもホホバオイルでも肌に何かを塗るという行為そのものは変わりません。肌は適度に乾燥していた方がいいって本当?でも解説しましたが、肌表面に存在するセラミドを主成分とした保湿膜は、肌が適度に乾燥することで代謝活動が行われていくものなので、化粧品自体が肌にとっていいものではないのです。