肌は化粧品の栄養でその形状を保っているのではありません。肌は口に入れた食事、太陽の光、運動、睡眠など、基本的なことによって健康に保っています。

基本的な考え方として、化粧品が肌の潤いや美しさを取り戻してくれるとは思わないようにして下さい。

昔は誰も化粧品を使っていませんでした。私のおばあちゃんは鳩のフンで顔を洗っていました。それがいつしか「化粧品」が登場し、依存し、様々なことを期待するようになり、乾燥肌・オイリー肌・敏感肌・アトピー・アレルギーなど、病的な皮膚炎に悩まされる方が急増しました。セラミドもプラセンタも「成分として」肌にとって有益であることは確かでしょう。ただそれを肌の上に乗せたからといって、必ずしもその通りに働いてくれるほど単純ではないのです。

セラミド化粧品の効果

私たちの肌が乾燥や雑菌の侵入など外界からの刺激を守ることができているのは、肌表面に薄い保湿膜が存在するためです。この保湿膜が損傷すると、その隙間から水分が飛んでいき、肌が乾燥したり雑菌の侵入を許し肌荒れなどの炎症を発症してしまうのです。この保湿膜はセラミドとアミノ酸によって構成されているため、「乾燥対策にはセラミド配合化粧品を使用しましょう」というのがメーカーの主張です。

しかし、この保湿膜はセラミドとアミノ酸が交互にレンガ・モルタル状に積み重なった複雑な構造をしています。化粧品のようにぐちゃぐちゃに混ぜ合わせた状態で肌に塗ってもその機能を持たせることができません。

セラミド化粧品で肌の乾燥が防げない理由ではより詳細に解説していますので併せてお読みください。

プラセンタ化粧品の効果

プラセンタというのはしばしばアンチエイジング化粧品に配合されることが多く、シミ・シワなどの効果を望んでいる方に求められています。しかし、人間の肌は先ほども説明したように保湿膜によって覆われているため、プラセンタなど美容成分が肌内部に侵入することができません。しかし現状は侵入させることができています。理由は、保湿膜を壊す成分である界面活性剤を使用しているからです。

保湿膜を壊してまで浸透させなければならないケースというのは、転んで怪我をした時に軟膏など薬を塗るときくらいです。プラセンタとは、健康的な肌の皮膚組織を壊してまで浸透させなければいけないものなのでしょうか。皮膚を破壊して、皮膚のための成分を取り入れる?いったい何がスキンケアなのか、わからなくなってきます。当然、プラセンタなどの美容成分は肌にとって異物でしかないため、アレルギー反応のように肌荒れや炎症を起こすこともあります。「プラセンタは副作用の少ない成分」と安全性を謳って販売されているものの、しっかりと毎年副作用の報告が挙がっているようです。

どうすれば肌は綺麗になるのか

biyoeki

答えは簡単です。化粧品をやめ、生活を正すこと。これに尽きます。

ただ「規則正しい生活」と小学生に教えるようなことを言ってもピンと来ませんし、具体的に何をすればいいのか分かりません。しかし、冒頭でもお話ししましたが、私たちの体は、口に入れた食事の栄養で成り立っています。その点に着目すると、食生活を正すことはより近道であることがわかると思います。

肌を綺麗にする本当の食生活
プラセンタよりも乳酸菌が美肌にいい理由

など、「規則正しい生活」の具体例をこちらでまとめていますので実践してみてください。