化粧品は肌をきれいにしたり、何かを治したりするものではありません。化粧品はその瞬間顔をきれいに魅せることができる仮面です。従って、使えば使うほど肌には負担がかかり、老化を早めることは言うまでもありません。化粧品は分類上「薬」に該当しますが医薬品ではありません。「ニキビが治る」「シミが消える」などといった治療効果を謳うこともできません。

医薬部外品であれば「ニキビに効果がある」とそれをにおわせる効能を謳うことができます。ただこれも、「謳うことができる」というだけで実際に治るわけではありませんし、医薬部外品より普通の化粧品の方が効果が高い場合もあります。ここで言いたいのは、ニキビ用だろうがアクネ用だろうが医薬部外品だろうが、それらはただの宣伝文であって、別にその症状を和らげたり治したりしてくれることは一切ないということ。化粧品というのはです。症状が気になる時はまず病院へ向かうようにしてください。

ニキビ用・アクネ用とは

nikibi

ニキビ用、アクネ用と書かれている化粧品が実際にニキビを治すことはありません。こうした化粧品には確かに医薬品成分が含まれていて、それなりに効果がありそうに記載がされています。しかしその配合量がたとえ0.1gであっても、あたかもたくさん入っているように大々的にその成分の効果を宣伝しても問題ないことになってるのです。そうした化粧品を見ると、確かにニキビに効果があるんじゃないか??と期待してしまう気持ちもわかります。しかも「有効成分」として成分表示の一番上に記載して、配合量を不透明化し消費者を混乱させることもあります(成分表示は配合量が多い順に記載されています)。

ただ、もともと化粧品自体が肌をきれいにするものではない、と知っていれば間違えようがないのですが、騙されてしまっている方が意外とたくさんいらっしゃるのです。

化粧品を使わずにニキビを治す

まず、できてしまったニキビは自然に治るのを待つか、病院に行って清潔な状態で潰してもらってください。これしか方法はありません。

再発防止のためには、肌を綺麗にするための食生活が必要です。洋食を断ち和食中心で発酵食品を特に多く摂る食生活に変えることが重要。ニキビや肌荒れは、転んだり誰かに傷つけられてできるものではなく、自分自身の生活環境が大きく影響しています。その大きく占める部分が食事にあたります。なぜなら体に直接取り入れるものだからです。心の奥底ではみんなわかっているのですが、化粧品だけになぜか色々なことを期待してしまうのです。

私は「幸いにも」、敏感肌で化粧品そのものを肌に塗ることができません。どうしたら化粧品を使わずに肌を美しくすることができるのか死ぬ気で調べまわった時にこういったことを知ることができたのです。化粧品を使える立場にあったら知り得なかったことですが、もともと肌が美しい方たちがわざわざ毒を塗って老化を早めることは絶対にやめてほしいと心から思っています。