中学生になり、自我が目覚め、他人との違いをまざまざと感じるようになり、小金を持ち合わせるようになると、女性は化粧品に手を染めるようになります。

お母さんに「化粧品を買いたい!」と言ってみると、「まだ早い!」と一喝され、何をもってどう早いのか具体的には教えてくれません。化粧品は使えば使うほどキレイになるものではないのか?だからお母さんやモデルさんたちは使っているのではないのか?数々の疑問が生まれます。結論から言うと、お母さんが言っていることは半分合っています。つまり、「まだ早い」のではなく、「一生早い」。

人生において使わない方がいいもの、それが化粧品です。

中学生の肌の特徴

chugakusei

化粧品の害を解説する前に、中学生~高校生くらいの育ち盛りの肌の特徴を説明します。成長期・思春期にあるこの頃の肌は、最もホルモンバランスが安定しない不安定な時期です。従って、男女問わず顔の皮脂の分泌量が過剰になりがちです。これが思春期ニキビや肌荒れの原因だと思っている方も多いのですが、違います。なぜなら皮脂は水で簡単に落とせる水溶性汚れだからです。つまり、余程間違った洗顔方法を実践していないかぎり顔のベタつきは落とせています。

ニキビの原因は皮脂やオイリー肌ではないのです。中には、ニキビや肌荒れ対策として化粧品を使い始めようと思った方も多いかと思いますが、化粧品は肌荒れもニキビも治すことはできません。このことを知らずに、化粧品に全てを賭ける勢いで念を込めながらスキンケアをされている方がいますが、その願いは絶対に叶いません。詳しくは化粧品でニキビ・肌荒れが治らない本当の理由で解説しています。一生の中で最も皮脂量が多いとも言われている時期でもあるので、皮脂が全く関係ないとは言えませんが、ここで言いたいことは、スキンケアにおいて注目すべき点はそこではないということです。

化粧品では肌はキレイにならない

中学生はどんな化粧品を使用すればいいですか?

よく受ける質問です。答えは「使わないでください」です。

今まで洗脳のような何百万回もテレビで化粧品のCMを見てきたかと思います。「私もこれを使えば肌はキレイになるのではないか?」しかし、化粧品はそんなことはできません。化粧品は肌をキレイにするものではなく、キレイに見せるもの。つまり仮面です。化粧品には必ず界面活性剤が配合されています。界面活性剤は肌表面の保湿膜(乾燥や雑菌の侵入を防ぐ膜)を壊し、肌を乾燥させる強烈な成分です。加えて、ポリマーというビニールのような成分も配合されていて、これを肌に塗ると肌がツルツルになります(半日くらい)。

せっかくある天然の保湿膜を界面活性剤の力で壊し、その上に人口ビニールを乗せる、これが化粧品です。当然、使用後は肌がツルツルになったような気がします。

しかし、保湿膜が壊されれば雑菌や化粧品の成分が肌の内部に入り放題、ビニールも人間の体にとって異物でしかないため、のちに炎症や肌荒れ、ニキビの原因となります。そして壊されてしまった保湿膜は再生するのに3日以上もかかってしまうため、たった一度化粧品を使っただけで次の日から「あれ?肌が乾燥してる」と、化粧品なしでは生きられなくなる化粧品依存体質が出来上がるのです。

化粧品に依存するようになると、乾燥肌や肌質の変化を加齢に伴う現象だと自分に言い聞かせるようになります。そのうち使っている化粧品では効果を感じにくくなり、また肌の劣化も著しくなるためもっと高い化粧品を求めるようになります。麻薬を求める方と全く同じですね。

化粧品ではなく、食生活を正す

肌は化粧品によって作られるものではありません。肌は、私たちが口に入れた食事によって作られます。そして肌をボロボロにする食事というのはすでに明らかになっています。調べればたくさん出てきますので省略しますが、ここでは、肌をキレイにするための食事方法について解説したいと思います。

「若いからたくさん食え!」を鵜呑みにしてはいけない

若いうちはたくさん食べるべきでしょう。しかし、人間が食べられる量は限られています。そして、ある栄養素だけで生きて行くということはできません。人間が「お腹いっぱい」と感じるのは、胃が食べ物でパンパンに膨れ上がるか、人間が必要な栄養素(ビタミン・糖分・脂質など)を全て満たした時です。肥満傾向にある方の家庭の食卓の特徴は、ある一つの料理が大皿に大量に盛られています。つまり、栄養が満たされることはなくても、胃が満たされることで「お腹いっぱい」と感じて食事が終わります。逆に、痩せている・健康的な方の食卓は、様々な食べ物・食材が用意され、栄養に偏りが出ないようになっています。必然的に咀嚼量も増え、胃腸の消化もスムーズになります。各栄養素が十分に摂取できれば、たとえ胃が満たされていなくても脳がお腹いっぱいと判断して食べられなくなってしまうのです。

たくさん食え!

と言われた時に、馬鹿正直に同じ食べ物をひたすら口に入れ込むのではなく、意識的に様々な食材を摂ることで肥満を防止することができます。

これの何がスキンケアと関係があるのか??

というと、今この食生活が原因で肌トラブルを起こしている女性が急増しているのです。偏りのある食事が広まりすぎて、便秘や軟便など腸に不安を抱える女性が急増しています。便秘とは、血液を作る大切な臓器である腸に腐敗物が滞留することを言います。肌に栄養を届ける血液を作る臓器に腐敗物が滞留していれば、当然肌には十分な栄養が行き届かず、何かしらの肌トラブルを発症させます。こうした内側の問題を、なぜか化粧品でなんとかしようと思っているのが、現代の女性の特徴です。加齢に伴って肌が衰えていくのではなく、化粧品や食生活など、自分自身の怠慢が肌を傷付けていくことになるということを是非覚えていってください。

まとめ

化粧品は使わなくて大丈夫ですよ。

乾燥が気になったら、ワセリンがいいですね。

あまりにひどいようだったら皮膚科に行きましょう。