女性は4人に3人が乾燥肌と言われており、洗顔後は肌のツッパリや乾燥を防ぐためせっせとスキンケアに励んでいることと思います。洗顔やお風呂上がりだと皮脂が落とされているため、化粧水で水分を補給したのち、乳液やクリーム、あるいはオイルなどを使ってフタをする、よし「保湿」の完成だ…

といった感じでしょうか。しかし、皮脂には肌を保湿する効果がなく、その皮脂の代用として使われる乳液やクリームにも保湿効果などないのです。乳液もクリームも「油分を補給する」という目的以外に役目はなく、また油分を補給したところで肌には何もメリットがないということもあり、そもそもの存在意義が不明確になりつつあります。

皮脂は肌を保湿する役目を持たない

cream

皮脂は酸化すると過酸化脂質という有害物質に変わります。これを洗い落とすためにも毎日の洗顔は欠かせません。これは正しいです。そして皮脂が洗い流されてしまったので、その代用として乳液やクリームなど油分系化粧品でフタをして乾燥を防ぐ。実はここが間違いです。

洗顔によって皮脂が洗い落されることと、肌が乾燥してしまうことは別問題。また日常的に分泌されている皮脂が肌の保湿機能を備えているわけでもありません。実際に肌がギトギトの中年男性の方は、シワやたるみなどの肌老化を起こしています。シワやたるみというのは、ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分が減少して起こる症状です。皮脂が肌を「保湿」しているということが間違いであるとわかります。

肌は多少乾燥している方がいい?もちもち肌の正体とは?でも解説していますが、肌は油で塗りたくられた状態では代謝活動(ターンオーバー)を適正に行うことができません。実際に基礎化粧品を使う前の皆さんは、特別に肌トラブルを抱えていたわけでもないはずです。「美容のため」と言いつつも、良くなるどころか悪くなっている方のほうが多いのではないでしょうか。

乳液やクリームには「必ず」界面活性剤が配合されている

乳液やクリーム、また今流行りのオールインワン化粧品などには、水と油という本来混ざり合わないもの同士の成分が配合されています。これを可能にしているのは界面活性剤と呼ばれる、マヨネーズにおける卵黄のようなものです。この界面活性剤は化粧品という雑多な成分を配合するものである以上、ほぼ確実に含まれており、乳液やクリームにおいては100%の確率で配合されています。天然・合成の違いはあれど、肌組織を破壊するという性質においてはどちらも同じです。

界面活性剤の脅威

界面活性剤の何が危険なのかというと、肌の乾燥を防ぐ保湿膜を破壊する力があるという点です。乾燥を防ぐはずの乳液やクリームが、乾燥を招いていた張本人であったのです。また肌表面にある保湿膜は非常に複雑な構造をしており、規則的な肌代謝のうえ構成される天然のものです。従って、肌が乾燥してきたからといって保湿化粧品を肌に塗布しても全く意味がないのです。構造を無視したごちゃ混ぜの化粧品を肌に塗っても保湿膜が作られることがないからです。これはセラミド配合化粧品を使っても肌が保湿されない理由でしっかり解説していますが、極端な話、化粧品で肌の乾燥を防げることは100%ないと覚えてもらったほうが、無駄な買い物をするリスクが劇的に減少します。

乳液やクリームも使わず、どうしたら肌の乾燥を防ぐことができるのか

肌がなぜ乾燥しているのか、その根源を自分で調べる必要があります。「乾燥肌」と、あたかも自分の個性のような言い回しですが、ほとんどの場合は生活の不摂生が原因です。詳しくは女性の乾燥肌の真の原因と対策にまとめていますが、化粧品で肌質を変える・治すことはできないと思ってください。肌と言っても私たちの体の一部です。気持ち悪い・熱がある・だるい、そうしたとき疑うのはここ1週間の自分の生活であったり、環境、自分の体の内面の問題ではないでしょうか。世の中の事象には必ず原因があります。乾燥肌も同じです。肌のことになると日本人は何故かお金をかけた方法(化粧品など)を探したくなるようですが、原因は違うところにあることがほとんどです。