化粧品(化粧水や乳液、クリームなど)に対してみなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

肌をきれいにするもの
乾燥を防ぐもの
肌荒れやニキビを守るもの

様々な考えがあると思いますが、そのどれもが間違いです。化粧品は分類上「薬」の扱いになりますが、私たちは普段、健康な状態で薬を飲んだり・塗ったりということをするでしょうか。小さい子供に対して化粧品を使わせようなどと思うことがあるでしょうか。心の中では「化粧品は危ない」ということを知っているのですが、実情「やめられない」という方が大半なのです。化粧品は必ず毒性を伴い、塗れば塗るほど肌を老化させます。ですが塗った瞬間はとても肌がきれいになった気がするので、まさに麻薬のような存在なのです。

毒性って何?

dokusei

化粧品はあらゆる成分が配合されています。「有効成分」と呼ばれている肌にいいものだけを含めればいいじゃないか、と思われそうですが、水と油が分離してしまうように各成分が主張しあい、いいとこ取りのように化粧品が作られることはないのです。各成分をつなぎ合わせる界面活性剤(マヨネーズでいうと卵のようなもの)や、肌に塗った際の質感を出すためのポリマー(肌をツルツルに見せるプラスチック、ワックスのようなもの)、成分が腐敗しないようにする防腐剤、香りを出すための香料、男性用化粧品であれば爽快感を出すためのメントールなど。これらは全てが毒性を伴います。皮膚を溶かしたり、肌の常在菌を機能不能にし雑菌の影響を受けやすくしてしまったり、これが原因で肌荒れやニキビ、シミ、くすみ、あらゆる肌老化を手繰り寄せてしまうのです。

肌を綺麗にするはずの化粧品が、肌を汚くしてしまう張本人だったなんて…

そのように絶句された方もおられるのではないでしょうか。しかしこれはあらゆる書籍や実験結果で明らかになっているものなのです。

毒性ってどうやって調べればいいの?

化粧品の毒性は、パッケージの裏側に記載されている全成分表示を確認すれば簡単にわかります。ただ、最初のうちは成分の名前と効果がわからないので一つ一つYahoo!なりGoogleなりの検索窓に入れて調べれば簡単にわかります。化粧品毒性判定事典なんかもあるので一冊持っているといいかもしれません。

ただ、化粧品に「絶対安全」はあり得ません。敏感肌女子代表として、私の目から見ればすべての化粧品にドクロのマークが付いた悪魔の液体に見えます。中には毒性成分が全く含まれていない化粧品もあります。ただ人に食べ物の好き・嫌いがあるように、またアレルギーが個人によって異なるように、何がどのように肌に反応するかはわかりません。成分判定上で毒性が出なくても、実際肌に塗るまでその答えがわからない、これが化粧品の最も怖いところなのです。

何も塗らないで肌がきれいになることなんてあるの?

例えば、あなたの二の腕・ふくらはぎ・太ももの肌質はどうなっていますか?人にもよるかもしれませんが、多くの方が特に気合を入れて洗ったり、何も塗っていないのに、白くてきれいな肌質なのではないでしょうか。肌というのは本来このようなもの。種明かしをすると、これらの部位は毛穴が少ない場所なのできれいなのですが、顔についても実は扱いは同じでいいのです。力を入れて洗う必要もないし、何も塗ることはない。ただ、他の場所より繊維が細かいので慎重に丁寧に扱う必要はあります。

また人間の体は100%口に入れた食べ物でできています。顔だけ化粧品に含まれる成分でできているなんておかしなことは絶対にありません。従って、肌荒れ・ニキビ・シミ・たるみなどの症状が気になったらまず食生活を疑ってください。こんなに裕福で食に恵まれ、山のように化粧品が溢れかえった時代に、毎日のように町の皮膚科医に行列ができる異常事態を見逃さないでください。

化粧品をやめ、食を変えれば肌は蘇る

繰り返しになりますが、化粧品は肌をきれいにするものではありません。化粧品は私たちに幻想を見せてくれる麻薬・毒です。

では、どうすれば肌はきれいになるのか?体質改善なんて耳にタコができるほど聞かされたけど、具体的には何をすればいいの?という方が大半だと思います。「肌断食」という言葉も流行りました。化粧品をやめればいいということを知っている方も、この肌断食に挫折した人もいると思います。挫折してしまった大きな原因を私が分析すると、「ただ化粧品をやめただけ」なので、基礎となるあなたの体が以前と変わっていなければ、いつまでたっても肌はきれいになることはないでしょう。

前項でも触れていますが、私たちの体は100%口に入れた食事によって構成されています。毎日の暴飲暴食、肉・油・酒が中心であれば、それは治るものも治りません。大原則は食事であることを忘れないようにしてください。具体的な食生活の改善方法についてはこちらにまとめています。

長々と書きましたが、ここまでで覚えて欲しいことは

化粧品を直ちにやめること

食事を変えること

このたった二つです。肌をきれいにしたい、しつこい大人ニキビや肌荒れをなくしたい、これらを改善するには、その症状の原因を理解しなければ決して治ることはありません。