化粧水は肌に水分を与えるもの

と、思っている方はとても多いのではないでしょうか。しかし、化粧水を使って肌に水分が含まれることは100%ありません。化粧水は肌を保湿するものではなく、角質を柔軟にしたり水溶性成分を補給するものです。だって、洗面器に顔を埋めて、その水が顔にスポンジのように吸収されてしまったら大変ですよね。

まず、人間はミミズやヒルのような皮膚呼吸ではありませんので化粧水で肌の皮膚細胞に水分を与えることなど不可能なのです。経皮吸収といって浸透力を高めるような成分が配合されているケースも確かにあります。しかし、それは皮膚細胞を破壊して、むりやり異物を肌に取り込むものなので炎症や肌荒れの原因となることは言うまでもありません。

肌に水分を補給させたいのであれば水を飲むことでしか不可能

water

肌に水分を含ませることは化粧水でも保湿美容液でも乳液でもなく、純粋に水分補給「のみ」です。お茶やジュース、コーヒーではなく水(ミネラルウォーター)がいいです。人間の体は60%近くが水分です。そして、1日に排出される水分の割合は、汗・尿・呼吸が1:1:1となっています。成人男性で1日に2L~2.5Lを毎日飲むこととされており、女性であれば1.5Lが目安です。この水分が不足すると脳や血液循環に影響し、肌に栄養素が行き届かなくなりくすみや雲った印象を与えたり、肌荒れや乾燥肌、オイリーの原因にもなります。

「肌に水分が行き届く」とは、肌内部が水分で満ち溢れ細胞に水分が行き届くことを意味します。決して肌表面が水浸しになることを保湿といったり、乾燥対策といったりはしません。

「保湿」の本当の意味

肌の保湿が乾燥対策やスキンケアにおいて非常に重要な位置付けになっていることは女性であれば多くの方が理解していることだと思いますが、多くの方が間違った解釈をされています。「保湿」とは、肌内部の水分が保たれることを意味します。大事なので繰り返しますが、「肌内部に」です。

「乳液でフタをすることが保湿」だと分かったようなことを言われる方もいますが、油で塗りたくることを保湿とは言いません。また乳液もクリームも、界面活性剤や防腐剤などの毒性成分を必ず含んでいますので、肌組織を破壊し、むしろ肌を乾燥させる化粧品なのです。女性の乾燥肌の真の原因でも解説していますが、肌の乾燥を防ぎたければ化粧品を使わないでください。どうしても辛い時だけワセリンや肌に合ったオーガニックコスメなどを使用し、極力何も肌に塗らないことが大切です。

セラミドは自分の体で自然生成できる

保湿は肌内部の水分が保湿成分によって吸着され、逃がさないようにすること。その保湿成分は化粧品では粒子が大きすぎるので、まず肌に取り込むことができません。「保湿成分(セラミド)は加齢によって失い、化粧品で補うしかない」などと書かれているサイトもありますが、保湿成分は化粧品をやめて生活環境を正せば自身の体内で生成されます。加齢によって失いません。

肌の乾燥・オイリー・ニキビといったトラブルの原因は、主に私たちのエゴによる食生活が原因で起こっています。原因を理解していれば、化粧品なんていう無駄に高いものにお金を使う生活から解放されます。お金を使って肌を汚くする生活から脱却するためにも、「本当のスキンケア」を実践していきましょう。