肌が厚い、硬い、化粧品がうまく浸透しない、という場合、多くの方がピーリングや拭き取り化粧水、パックなどで角質を柔軟にしたり、乳液などの油分を肌になじませているのではないでしょうか?しかし、肌の硬化の最も大きな原因は、化粧品やパックなどの行為そのものなのです。つまり、スキンケアをすればするほど肌が硬くなり、症状を悪くしてしまうのです。化粧品を使って肌のごわつきや古い角質・角層を落とすことはできるのにはできます。強烈な薬剤で皮膚を溶かしているため。ただ、皮膚の構造や新しい細胞が生まれる過程を理解するとその行為がなぜいけないのか、どうしたら治るのかわかるはずです。

皮膚が硬くなる理由

hihukouka

肌は多少乾燥している方が美肌にはいい?でも解説しましたが、肌内部の潤いをキープしているのは肌表面にある保湿膜のおかげです。この保湿膜は死んだ細胞群によって構成されており、乾燥して剥がれ落ちると次の細胞が生まれ、ロケット鉛筆のように代謝活動(ターンオーバー)が行われます。表現を変えると、保湿膜を構成する細胞が乾燥して剥がれ落ちない限り、次の細胞が生まれず、いつまでも保湿膜は古い細胞のままとなってしまうのです。私たちは乾燥肌に対し非常に敏感なので、少しでも肌が乾燥するようなら顔に何かベタベタと塗り込み、一切の肌の乾燥を許しません。しかしこれが肌のターンオーバーを狂わせており、細胞が大渋滞してしまい皮膚表面が硬くなっているのです。もちろん、ストレス、睡眠不足、生活環境、食生活と他の原因は数々存在します。これらを含めても、直接的に肌へ影響を与える存在が化粧品であることは皆さんも薄々感じているのではないでしょうか。

化粧品を使うことは肌にとって害なのか?

結論から言うとYesです。肌に何かを塗ることそのものが肌にとって負担となります。しかし、単純に化粧品をやめたからといって全ての人が急に肌がキレイになることはありません。実際に化粧品を使っていないとき、皆さんの肌は乾燥し放題でかゆみやカサつき、粉吹きも深刻なものとなるはずです。これは「我慢してください」としか言いようがないのもまた事実です。肌を構成しているのは各細胞と血液ですが、肌のターンオーバーは一般的に1ヶ月、血液が全て生まれ変わるには3ヶ月と言われています。本当に肌をキレイにしたいと思う場合、最低でもこれ以上の我慢は必要となりますし、血液を作り出す内臓器官(特に)に負担をかけない食生活を同時に継続していく必要があります。肌をキレイにする食生活を実践し、肌は化粧品ではなく体の中で作られているということを決して忘れないようにしてください。