女性の肌荒れやニキビの大きな原因はホルモンバランスの崩れだと言われています。男性よりも1ヶ月の中でイベントごとが盛り沢山の女子にとって、「平穏な1ヶ月」などあり得ません。ただ、それを抑える方法は自分なりにあるにはありますし、実はこれがニキビや肌荒れの大きな原因ではありません。本当の原因は化粧品食生活です。これさえ抑えることができればしつこい肌荒れも大人ニキビも安全に、そしてほぼ間違いなく予防することができます。

化粧品をやめれば肌は綺麗になる

cream

芸能人のタモリさん福山雅治さんが、シャンプーもボディソープも使わずに体を洗い、化粧品は全く使わないというのはあまりにも有名な話です。

本なども出版されていますのでご存知の方も多いと思います。俗に「肌断食」と呼ばれるものです。化粧品で肌がきれいになることは100%ないで詳しく解説していますが、化粧品とは本来肌を綺麗にするものではありません。

思い返してみてください。いつからあなたは化粧品を使うようになりましたか?

おそらく、周りが使っているからだとか、なんとなく、ニキビができるようになったから、など、その安易な一歩目からいつの間にか化粧品なしでは生きられなくなってしまったのではないでしょうか。

化粧品は分類上は「薬」です。

健康なのに傷薬を塗ったり、風邪薬を飲んだりすることはありますか?

化粧品には必ず毒性成分を含んでおり、皮膚を溶かす力を持っています。その上にビニール袋のような成分(ポリマー)をまとってツルツルのように見せるのが化粧品の力です。化粧品を疑いたくないのは今まで二人三脚で歩んできたからでしょうが、敏感肌で化粧品と全く仲良くなれなかった私にはその気持ちが残念ながら全くわかりません。ごめんなさい。しかしだからこそ、客観的にその危険性を飲み込むことができ、私は私なりにどうしたら化粧品を使わずに肌を綺麗にすることができるか調べて、それを疑うことなく実践することができたのです。

洋食文化を捨てれば肌は綺麗になる

oniku

実は化粧品をやめただけでは肌は綺麗になりません。

今の皆さんは、化粧品を使って外側から肌を傷つけ、加えて質の悪い暴飲暴食で内側(血液や内臓器官)をもボロボロにしてしまっています。

食生活を整え、内側を綺麗にして初めて肌が再生していきます。「肌断食なんて意味がない」という人の文句は「タバコをやめても肌が綺麗にならない」というものと似ていて、なぜ肌荒れやニキビが起こっているのか、その原因を全く理解していないのです。具体的な食生活方法は化粧品を使わず肌を綺麗にする本当の食生活とは?にまとめています。

洋食、具体的には脂っこい肉・魚・乳製品など、日本人の細長くて弱い腸で消化が難しく便のカサにならない食料は血液をドロドロにしてしまう働きがあります。和食に見られた水を中心にした食事、硬くて顎を使う食事、そして一番重要なものは発酵食品など乳酸菌類を含んだ食事です。肌を綺麗にしたければ、便秘は必ず防がなければいけません。その役目になる乳酸菌を豊富に含んだ発酵食品は必ず摂るようにしてください。

まとめ

女性の大人ニキビ、肌荒れの原因はホルモンバランスの崩れではなく、化粧品依存と偏った食生活

どんなに安全性を謳った化粧品にも毒は含まれる

化粧品をやめただけでは肌は綺麗にならず加えて食生活の改善が必要

洋食中心の食生活は日本人の腸には大きな負担がかかるため水を中心とした和食に戻す

特に発酵食品や食物繊維など腸内改善に働きかける食事は便秘改善と血液サラサラ効果がある