肌には無数の常在菌が住み着いており、これによって健康状態を保つことができています。常在菌は皮脂や汗を食料にして酸を排出してくれるため、肌が弱酸性に保たれることになります。加えて弱酸性の肌の状態は常在菌が住みつきやすく、代謝活動が行われ肌にとっては非常に良い環境なのです。

常在菌が増えればニキビを生成してしまうのでは?

という考えもありますが、ニキビは毛穴周りが硬くなり皮脂の出口がなくなってしまうことが原因であるため、それが直接的な原因にはならないので安心してください。

化粧品は常在菌の活躍をサポートするものではない

jakusansei

常在菌の働きや恩恵についてはこのように有効なものであることがわかりましたが、ではそれがどのような状況下で作ることができるのでしょうか。答えは簡単で、化粧品を一切使わないことです。まず化粧品そのものが肌の代謝活動を損なわせてしまうものだということを覚えておいてください。今や様々なコピーや宣伝文句で溢れかえっていますが、一つも「肌を綺麗にする化粧品」というのはありません。化粧品には必ず毒性を含んでおり、肌の適正な活動を「止めて」肌を綺麗に見せるものです。

また化粧品が腐らないよう必ず配合されている防腐剤は、菌が繁殖しないようにするものですが、それを肌に塗ったらどうなってしまうでしょうか。肌に住まう常在菌はいなくなり、その代わり酵母やカビなど、通常では住まうはずがない雑菌が繁殖し、肌はアルカリ状態に変化するのです。

こちらは化粧品に含まれる防腐剤によって起きた事例を紹介した記事なので「必ず」目を通しておいてください。
>>化粧品によって脂漏性皮膚炎の女性が急増した本当の理由

肌は自然状態(何も塗らない状態)でしか代謝活動ができない

肌は自然の状態だからこそ美しく、また代謝活動が行われるものなのです。PH調整剤や銀が配合された化粧品など、「肌を弱酸性にします」と謳った化粧品は数多く存在しますが、その多くは「ヒト」の肌で実験したものではありませんし、また矛盾するかのように防腐剤や毒性成分が配合されています。肌は化粧品を使わずして健康的に維持することは可能です。「お金をかけなくてもいい」と言っているのに、肌に関してだけは私たちはお金を払ってしまう難しい生き物なのです。ただこれも、どうしてそれが必要なのか、なぜ肌が荒れているのかなど原因が自分の中で確立されていれば迷うことはありません。是非根本に目を向けた、塗るだけではない「本当のスキンケア」を実践してみましょう。