超敏感肌の人にとっては、化粧品を凶器とすら感じることもあると思います。何を使っても肌に刺激を与え、ダメだとわかっていても、付けざるを得ないというシーンもありますよね。しかし、「付けない」ことは肌の回復にとって最も効果がある方法になります。できるだけ何も肌に付けず、自然の肌代謝を信じることが重要となります。

化粧品、特に乳液やクリームには水分と油分という本来混ざり合わない成分同士をくっつける界面活性剤が100%配合されています。「安全性の高い界面活性剤」や「天然の界面活性剤」など言い回しを変えたところで、界面活性剤が肌組織を壊すという事実は変わりません。これらを含んだ化粧品は敏感肌の人は「絶対に」使うべきではありません。

乳液、クリームを使うとかゆいと感じる理由

nyuu

なぜ乳液やクリームを使うと敏感肌の方がかゆみを感じるのかというと、乳液・クリームに含まれている界面活性剤のせいなのです。界面活性剤は、肌表面の保湿膜という乾燥・雑菌侵入を防ぐ薄い膜を壊す働きがあります。これは本来、薬局で受け取る軟膏など、肌内部に医薬品成分を浸透させる目的で使用されるものです。しかし化粧品は違います。表面を綺麗につるつるに「見せる」ために使用します。その瞬間の見た目は整うため、全てが悪いわけではありません。むしろそれが「化粧品」の本来の姿ですが、そのリスクも考えた上で使うべき道具なのです。

乾燥肌・皮脂の過剰分泌・シミ・肌荒れ、全てこの保湿膜の損傷が原因で起こっており、化粧品を使えば使うほど肌はリスクにさらされやすくなるのです。例えば、熱いお風呂に浸かった後、体がかゆいと感じたことはありませんか?あれは血行がよくなったことも要因の一つですが、保湿膜が壊れてしまったことで皮膚がむき出しの状態になっていることも原因なのです。洗顔や化粧品のすり込みによる摩擦、熱などで簡単に保湿膜は壊れてしまいます。保湿膜の無い皮膚が外気や雑菌に触れ、かゆみを感じるのです。

同じように、保湿膜を壊す界面活性剤は、皮膚の痒みや炎症、赤みなどを引き起こします。皮膚にとっては乳液やクリームなどに配合されている成分は異物でしかありません。雑菌やそうした異物となる成分を肌の中に入れないために保湿膜は存在しますが、これがないと抗体反応によって様々な皮膚トラブルが起こります。

基本的には敏感肌でなくても化粧品は使うべきではない

敏感肌の方ならわかっていると思いますが、化粧品とは毒にはなっても薬にはなり得ないものです。化粧品は肌を綺麗にしてくれるものではなく、綺麗な肌を一定時間持続させるものです。口臭対策におけるガムと同じで、噛んでいないときは息が臭い、という根本の対策にはならないものです。ガムと化粧品と異なる点は、乾燥・オイリー・肌荒れ・ニキビ・シミ・シワといったかなりの確率で副作用をもたらすことです。

外出の機会が多い方、接客業の方は確かに仕方がないこともあるかもしれませんが、保湿膜は一度壊れると、その修復に3日かかってしまいます。すなわち、たった一回化粧品を使うだけで、化粧品なしでは生きていけなくなってしまうのです。さらに使えば、その保湿膜の修復も遅れることになります。

だから毎日みんな化粧品を使っていて、4分の3以上の女性が乾燥肌というデータがあるのです。敏感肌や乾燥肌でなくても、肌に何かしらのトラブル、コンプレックスを抱えている方がほとんどであると思いますが、その原因こそ最も身近な存在であった化粧品なのです。肌は自然の肌代謝の中で綺麗になり、また食生活など生活の改善によって回復していきます。例えばセラミドは化粧品でないと補うことができないと言われていますが、化粧品を使わずとも肌の自然代謝の中で生まれる成分です。

それに必要なのが化粧品をやめること、食生活を整えることなのです。特に肌を綺麗にする食生活で重要なのは腸内改善です。古くから言われていて、その否定がないということは、もうこれは真実なのです。肌断食、化粧品をやめれば綺麗になる、など書籍もあるくらいですが、これを真似して実践した方が「効果がない」と言っているものは、総じて食生活に問題があるのです。