aiputi

アイプチは基本的にどれもまぶたを清潔にした状態のアイシャドウ後に行うことが一般的です。

しかし、実際は目の状態やノリタイプかウォータープルーフかアイテープかによって順番を変えた方がいい場合もあります。

二重のラインが入っていない場合

二重のラインが定着していない、または癖付けをしているという状態であればアイシャドウ前にアイプチをしてから軽くアイシャドウベースでごまかすのが自然に見えます。

ラインが定着していない状態でアイシャドウをがっつり塗ってからのアイプチははずれやすく、テカりやすく、よれやすくなってしまいます。また、アイプチと組み合わせるアイシャドウとの相性もあります。

二重のラインが定着しつつあり、ウォータープルーフを使用の場合

この方法は私が実際に使用していた方法です。清潔にしたまぶたに、パウダータイプのアイシャドウ下地を塗り、二重のラインを目安にアイホールと目のふちにグラデーションになるようにアイシャドウを塗り、ウォータープルーフタイプのアイプチを使用します。アイプチの後にアイシャドウをした方がはずれにくいという記事も多いのですが、私は実際に試してその方がよれやすくはずれやすいと感じました。

私はこの方法で日中アイプチがはずれたことは無く、プールに入ってもはずれませんでした。実際に使用していたウォータープルーフタイプのアイプチはこちらです。アストレア ヴィルゴ/アイビューティフィクサー ウォータープルーフ

二重のラインが定着しつつあり、アイシャドウを使用したいのであれば、ノリタイプのウォータープルーフを使用し一度この方法を試してみることをおすすめします。

アイテープを使用する場合

アイテープやファイバーを使用する場合は、まぶたを清潔にした後でアイテープを使用すると自然に見えます。

アイテープは汚れに弱いものが多く、アイシャドウ後の使用だとはがれやすくなることがほとんどです。

アイテープやファイバーはまぶたに食い込ませ透明ではありますが、アイシャドウ後に付けるとキラキラみえてしまうこともあるため、先に付けて上からアイシャドウを塗る方がより目立たず付けることが可能です。

まとめ

アイプチの化粧方法について調べると、アイシャドウ前にアイプチする方法が多いのですが、私の体験談やアイプチを使用している人の多くはアイシャドウ後に使用している人も大勢います。

自分の目の状態やアイプチの種類によって使い分けてより自然に見える方法を探してみてはいかがでしょうか?