じわじわと人気が出てきているシーベリーオイルをご存知ですか?

シーベリーは、サジーやシーバックソーンとも呼ばれていて呼名が多数存在しています。北欧の寒い地域や砂漠地帯でも栽培できる非常に生命力の強い植物で日本では北海道で栽培されているグミ科の植物です。果実だけではなく、種や葉にいたるまで栄養が豊富に含まれています。

継続摂取が難しいビタミン系成分が豊富に含まれているため、内側美容としては非常に効率的です。

肌荒れ・ニキビに効果的~シーベリーオイルの成分

http://www.sajihb.com/benpi.html
(http://www.sajihb.com/benpi.html)

シーベリーには200種類以上の豊富な美容成分が含まれています。
中でもビタミンC、ビタミンE、鉄分、葉酸、不飽和脂肪酸、アミノ酸など、女性の肌を構成する成分が豊富。

【ビタミンC】
美肌、美白効果があり、キメを細かくしてくれる効果。

【ビタミンE】
ビタミンCと共に美容ビタミンと呼ばれているもののひとつで、アンチエイジング効果があり、皮膚細胞の酸化を予防するので、シミやくすみ、そばかすを減らす効果が期待できる。

【鉄分】
ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促進する効果。鉄分が不足すると、シミやハリにも影響します。

【葉酸】
粘膜の代謝機能を高める効果があり、皮膚の代謝も高めてくれる。葉酸は造血作用もあり、血行を良くし肌の老廃物を流し肌が明るく見えるなどの効果があります。

【不飽和脂肪酸(パルミトレイン酸)】
果実に脂肪酸が含まれているのは珍しいですが、不飽和脂肪酸のひとつであるパルミトレイン酸は若さの脂肪酸とも言われていて肌の老化を防ぎます。また、動脈硬化や高血圧の予防にも繋がります。

【アミノ酸】
コラーゲンやエラスチンの主成分はアミノ酸から作られていて、不足すると肌のたるみやシミなど老化を促してしまいます。肌だけではなく髪もアミノ酸から作られています。