セラミドは肌質の改善に効果があります。

人の肌は適度な水分と油分によって、保護されています。ほこりや紫外線などにより体調不良、生まれつきの肌質により、水分が不足することにより乾燥肌になるケースがあります。

乾燥肌になると、肌に備わっている防御機能が衰え、外部の刺激が直接に肌を攻撃します。それにより、少しの刺激で過敏に反応してしまう肌になります。そんな症状に効くセラミドの効果について紹介します。

セラミドが推奨されている理由

bihada

肌は角質細胞という細胞が、多くくっついており、作られている。細胞同士は、細胞間脂質という接着剤で繋ぎとめられています。セラミドは、この細胞間脂質に含まれている成分の一つです。

細胞間脂質は、接着剤の役割だけではなく、異物などが肌内部に侵入攻撃を防ぐ役割も果たしてます。また、肌内部の水分を外部へ出さないようにする保湿作用もあります。

ただ、セラミドは年齢を重ねるごとに量が減少してきます。他にも、肌のうるおいを保持する成分・水分なども、減少していきます。よく言われている「年をとると肌のうるおいが…」という発言はこのことが理由になります。そこで減少するなら補えば良いということで、セラミド入のサプリメントが推奨されています。

セラミドの補う意味

補うと言っても、化粧品で補っても肌に浸透することはあり得ないので、サプリメントなど内側からの摂取を心がけるようにしてください。またコラーゲンやヒアルロン酸も同様です。これらは肌の内部にあるものなので、表面にあるものではない為、配合されたもの肌の上から塗っても意味がありません。また、粒子自体が大きいので肌の内部に浸透もしません。

セラミドの本当の効果とは

肌上のセラミドの働きは肌表面の水分蒸発を防ぐことです。保湿効果です。また、減少されたセラミドを補う効果も期待できます。また、保湿効果が期待できる一番の成分と言えます。乾燥肌の対策としてセラミドが推奨されているのは以上の効果によるものです。本当の保湿効果を求めるのであれば、セラミドによって体内からの水分の蒸発を防ぐことから始めましょう。ただ、化粧品のように上からベタベタと塗りたくっても、本当の意味でのセラミド補給はできません。サプリメントであれば化粧品のように1本何万円もするものを買わずに試すことができるので、思っている以上に手軽な金額で購入できます。