ニキビを改善することの根本は「治すこと」ではなく「予防すること」です。

病院に行けばたしかにニキビの炎症を抑える薬は処方されます。しかし、いくら治そうとしても現状の改善ができないままでは本当の治すことにはなりません。必要なのは予防です。今後もニキビにならないように予防することに意味があります。

ニキビを予防するために原因を知る

ニキビの原因はたくさんあります。その中でもすぐにできる予防方法を紹介しましょう。

ストレスが原因

職場の環境や寝不足といったストレスから肌へと影響してきます。主な改善方法としては、職場環境の改善(仕事をやめる、部署異動すること)などが挙げられます。寝不足に関しては、毎日決まった時間に寝ることの生活リズムの改善や、睡眠の質を上げるための寝る前のスマホの使用を避けることや、コーヒーなどのカフェインの摂取を控えることが効果が期待できます。

洗顔のやりすぎ又は不足

洗顔の正しい方法は「水洗顔」です。洗顔料は不要ですが、洗顔を全くやらないことも問題です。朝起きて目覚めの洗顔、お風呂で寝る前に顔を洗って1日の汚れを落とすことが必要です。

食の改善

特に、肌荒れの原因で多いのが食べものによるもの。糖分の多いものや脂肪分の多いものの過剰摂取は直接肌に影響します。肌は胃の中の調子を顕著に表します。

化粧品にいつまでも頼っているよりインナービュティーを目指すほうがよっぽど得策でしょう。また保湿を担うセラミドはサプリメントによっても補給可能なのでそういった形でお肌の対策を行うことも可能です。

肌荒れの原因は人それぞれ変わってきます。もし、あなたがニキビができた際は何かあなたに良くないことがあった印となります。できたときこそ日々のことを思い返して見直すことが一番の予防方法です。思春期の皮脂が大量に分泌される時期と違い原因は明確です。