ニキビができてしまうと、「隠したい」「治したい」と色々な思いが出てきます。しかし、間違った行動は余計に悪化させてしまいニキビの治りが遅くなる原因に繋がります。そんな、ニキビができたときにやってはいけないことについて紹介します。

ニキビができたときにやってはいけないこと

ニキビを触る・潰す

ニキビができると気になりついつい触ってしまいます。手には雑菌だらけで、触ってしまうとニキビに雑菌が移りニキビの炎症が悪化してしまいます。また、ニキビ予防のひとつとしても顔を必要以上に触らないことも予防としてあります。

赤いのが気になり潰すことは最もやってはいけないことです。ニキビが赤くなっているのは、雑菌と戦っている証拠です。無理に潰してしまうと、せっかく修復のために分泌していた液が出てきてしまします。一時的に収まっているように見えますが、すぐに炎症が悪化して再びニキビができます。潰した際に跡が残りその部分が赤ずっと残る可能性もあります。

必要以上な洗顔

ニキビができたからといって皮脂が気になり何度も皮脂を落とすために洗顔をしてしまうこともやってはいけません。逆に皮脂を落とし過ぎると肌は乾燥してしまい他の肌トラブルを引き起こします。

化粧品で隠す

特に一番注意してほしいことが、ニキビを化粧をして誤魔化すことです。ニキビが炎症起こし赤いからといってファンデーションを暑く塗って無理やり隠すことは、逆にニキビを刺激しています。

ニキビには何もしない

特に、ニキビにはなにもしないことが一番です。肌代謝でニキビは改善されます。気になることはわかりますが、今できたニキビを気にするのであれば、なぜニキビができてしまったのかを気にした方がよっぽど効率が良いように思いました。