liquid

アイプチ、アイテープ使用しているとどうしても出てくる悩みは、ばれていないか?ではないでしょうか。

つっぱり感やテカりやテープ、ファイバーはどうしても見えてしまうことが多く、日々より良いアイプチを探している人も多いですよね。

そんな中、注目されているリキッドテープタイプのアイプチについてまとめてみました。

新方式のアイプチ

リキッドアイテープは、まぶたとまぶたをくっつけずに目を閉じても自然な二重が作れるということで注目されています。

まぶたに塗り完全に乾かして人口皮膜を作ることで折り込まれ二重を作るのでアイメイクをしても目立たず違和感なく自然な二重が作れるので、今までのアイプチにはなかった商品ですね。

折り込まれなかった場合は、2、3度塗ることで折り込まれやすくなるようです。

二重の線を作っておくとより使用しやすい

このリキッドアイテープの弱点は初心者には向かないという点。

リキッドタイプのアイプチは賛否がはっきりと分かれているのはこのため。全くアイプチを使用したことのない人が突然リキッドタイプを使用しても効果現れにくく、併用している人がほとんどな商品です。

まぶたが薄い人や奥二重の人、二重の幅を広げたい人には向いている商品ですが、腫れぼったい一重だと効果が出るのに時間がかかるようです。

リキッドアイテープはアイプチの中では比較的に高価なものがおおいため、初心者用の安価なアイプチで癖付けをしてからの使用が適しています。

まとめ

リキッドテープのアイプチは、癖付けもしやすく人気で美容成分が含まれているものが多くかぶれにくいイメージがありますが、炎症を起こしたりかぶれてしまった場合はすぐに使用を中止するようにしましょう。

自然な二重ができるなんて夢のようですが、やはり効果が出る人、出ない人はっきりと分かれる商品です。