ニキビができてしまうと、洗顔などの成分では刺激が強すぎてしまいかえって悪化させてしまいます。もちろん汚れの落ち具合は抜群ですが、そういった目に見えるホコリ・皮脂・汗といったものは水だけでも洗い流せます。

汚れの性質を理解した対策が求められます。

ぬるま湯洗顔

ニキビができたときに是非実践してほしいのがぬるま湯での洗顔です。ニキビは洗顔料を使うと余計に悪化してしまいます。

しかしその洗い方は、洗顔剤を使用していたときのようにゴシゴシと擦る必要はありません。肌にぬるま湯を手でつけて、水気を落とす程度で構いません。水気を拭き取るときはタオルで押し拭きし、絶対に擦らないようにします。

そしてニキビが治ったあとも、ぬるま湯洗顔を続けましょう。洗顔料はクレンジングや土・肌などの汚れが付着したとき以外は使用しません(大人になって土汚れが顔に付くというのは中々無いと思いますが)。

つまり、洗顔料とはそういうものという意味です。目立った汚れがない場合はぬるま湯で洗顔を続け肌を守ります。「使わない」というのも立派なスキンケアの一つ。

洗顔のやり方に注意

桶にぬるま湯をため、そこに顔を浸けます。ぶくぶくと息を吐きながらその振動で洗います。摩擦で汚れを落とすのではなく、その振動で汚れを浮かせるイメージを持ちましょう。

また顔のシワは横に伸びているため、縦にこすってしまうとたるみの原因になります

洗顔剤は非常に皮脂の汚れを落としやすい反面、必要以上に落としてしまい、大切な保湿成分までも落としてしまいます。洗顔料に含まれている成分内にも毒性の強い成分が含まれているため、ぬるま湯洗顔はメリットしかないのです。