NHKの「あさイチ」で紹介があったれんこんパウダー

れんこんには豊富なビタミンC、鉄分、ポリフェノール、食物繊維、タンニン、カリウムを含み、肌への栄養素となる成分が多く内側美容を目指す人にとっては欠かせない食材ではないかと思います。

ビタミンCについては、体の中で取り溜めておくことができず、尿や汗で流れてしまう水溶性栄養分なので非常に貴重な成分です。このようにパウダー状で手軽に摂取できるものはお手軽ですね。100g中55mgのビタミンCを含み、レモンとほぼ同じ配合量となっています。

レンコンパウダーは美肌食材として有能?

レンコンパウダーに含まれる代表的な栄養分を解説していきます。

ビタミンC

レンコンパウダーの一番の特徴は豊富なビタミンCを含んでいるという点です。特にビタミンは毎日の生活の中で必ず必要となる成分であり、ビタミンCについては体の酸化(腐敗)を抑える抗酸化作用を持ち合わせた貴重な成分です。

医師100人を対象にしたアンケート調査で、「医者が飲んでいるサプリメントは?」という項目がありました。トップ3は、1位にDHA・EPA(12人)、2位にビタミンC(10人)、3位にマルチビタミン(9人)が挙がりました。(日経トレンディ)

DHAやEPAの摂取は、最近の魚離れなどで話題になっていますが、やはり毎日摂取しなければいけないというビタミンの特性もあるせいか2位と3位にビタミンC、マルチビタミンがランクインしました。

慢性的に欠乏し、「摂り過ぎ」によるリスクが少ないビタミンCはやはり意識的に摂らないと昨今の食の欧米化によってさらに摂取量が減ってしまうことが考えられます。ビタミンAやビタミンE、ビタミンMなどは脂溶性ビタミンであるため確かにたくさん摂取することはかえって体の負担になってしまいますが、ビタミンCなどの水溶性ビタミンは、過剰摂取に伴う体への害・副作用は確認されていないため積極的に摂取していきましょう。

特に喫煙者の場合、非喫煙者より多くのビタミンCが体内から奪われるため、是非ビタミンCの摂取を心がけるようにしてください。

食物繊維

腸内改善に働きかける食材である食物繊維発酵食品(乳酸菌)の摂取が美肌に有効であることを何度も解説してきました。腸は私たちの血液を造り出す非常に重要な内臓器官です。今や日本人の70%近くにも及ぶ方が便秘・軟便などの腸内環境や排便に関して不安を抱えているというデータがあります。

食物繊維はその腸内の腐敗を造り出す悪玉菌をからめ取り、便のカサとなる働きがあるので、これもビタミンCと同じく毎日摂取すべき食材なのです。

れんこんパウダーで美肌生活

ビタミンC、食物繊維といった現代人に不足しがちな成分が配合されている点と、パウダー状になっていることで様々な食材に合わせやすくなっているのがこのレンコンパウダー最大の特徴です。

レンコンは古くから「田んぼ」という水分たっぷりの環境で育つ食材とあって、高い栄養価を持つ健康食材として親しまれてきました。もちろん普通に摂取することが一番いいかもしれませんが、それができたら洋食文化がここまで日本を覆い尽くすようなことはありませんでしたよね。

文化とは常に変わるもの。その中でストレスなく楽しく生活するためにはこのようなレンコンパウダーのような商品の登場はむしろウエルカムです。スキンケアを楽しく実践していくためには、化粧品だけでなくこういったインナービュティーにも力を入れていくことが長期的に見た課題です。是非積極的に取り組んでみることをおすすめします。